糖尿病なら食事療法?運動療法?東洋医学はどうですか?

僕は、生活習慣病にはかなり詳しいです。 どうしてかっていうと「痛風」だからです。 10年以上月に1回の通院生活をしています。 そんなわけで、高血圧、コレステロール、いろいろな 中高年を悩ます病気を研究しました。 中でも、一番気をつけなければいけない病気は 「糖尿病」ですね。 実際の話”シャレになりません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルガンオイルを使用したシャンプー

薄毛や抜け毛が気になって、困ってます。 ちょっと高級な育毛剤とか薄毛対応のシャンプーとかを 購入して使用してます。 でね、今まで育毛剤は3種類、シャンプーは2種類を使いました。 シャンプーが少なくなってきたので、次はどんなのがいいかな? っていろいろ調べてたら、気になるシャンプーを見つけました。 アルガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若いときからのニキビ痕が大変なことに・・・

病気がちの方って、若いときから肌が弱く 便秘などもあるのか、ニキビが多かったという 人がけっこういらっしゃいます。 気になるので、無謀なニキビ処理をしちゃって 何年か後に、その痕のひどさに愕然としたりして・・。 ニキビ痕って、けっこう厄介ですからね。 苦労してる方も多いのでは? 皮膚科では、ビタミンCを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷え性対策にはいろいろな方法があります

最近は、遠赤外線の靴下とか、体温で暖かくなるとい ヒートなんとかというう機能性ウエアなども数多く出て 一見冷え性対策は万全のように見えますが 実意はそれらでは解決できない冷え性も多いんですよね。 何せ、冬はもちろん寒いし夏はエアコンで冷えるし 1年中冷え症状態が続いちゃってますから。 結論的には、体質を改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きちんと睡眠をとらないと・・・

最近、夜中とか明け方に眼を覚ますんですよね。 布団に入ったときには、けっこうスムーズに眠りに 入れるんですが、途中で起きちゃうともう眠れません。 布団の中で考える事といったら・・・多分皆さんも いいことは考えないんじゃないですか? 考えないというか、自然に「アーこれからどうしよう」とか 「友達とうまくいってない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補聴器が合わなくて困ってる方にはみみ太郎という手も

少し耳が遠くなって、補聴器をお使いの方はもちろん、 ご家族で使っている方がいる人には、よく分かる話だと 思うんですが・・・ 使っている補聴器に満足している人って少ないんじゃないかな、 と思います。 あわなかったり、聞こえづらかったりして、買い換えたのも 一度や二度はない、という方も多いのでは? 僕の母親も、ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機栽培された植物エキスから作られた化粧品

最近ユイル・エ・ボームという、有機栽培された植物エキス だけで作られてる注目の化粧品が話題です。 フランスのオーガニック認定機関で認定を受けててるらしく、 どう考えても、お肌に優しそうなのがいいですね。 芸能人では、服部真湖さんが使ってるみたいですね。 服部真湖さんって何歳かと思って調べちゃったんですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康と肌を大切に

昼休みに、井戸端会議をみんなでしたんですが 最近は仕事がハードなこともあって お肌とか健康とかで悩んでいるみたいです。 お肌のハリ、ツヤ、シワが最近気になったり、 不規則な生活で肌が荒れたり、化粧ののりが悪かったり お酒は好きだけどお肌のことが気になる、とか・・・ 口を揃えてそんな事を言ってましたね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サプリメントよりもお茶

ダイエットサプリメントって、最近飲んでいる人も 増えてますよね。 日本でも、最近では普通にコンビにでも置いてますし、 摂取している人も多くなりました。 サプリメントは、あくまでも食品くくりですから、 効果がすぐに出るっていうものではないですけど・・・ だったら、ダイエットのためにのサプリメントじゃなくて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活習慣病対策でお茶を飲んでみます?

中高年になると、健康診断でも無傷じゃ帰ってこれないでしょう(笑) 血圧、血糖値、尿酸値、飲みすぎの肝臓・・・ どこかしら注意を受けますよね。 でも、反省もなしに、また大ジョッキに煮込みとかで 盛り上がったりしてないですか? 今はそれでいいかもしれませんが、近い将来には メタボから生活習慣病へと発展し、最終的に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

女性の髪の悩みには・・・

女性の重大な仕事の一つに出産があります。 しかし、出産は女性の身体に大きな負担を強いるのも事実です。 これは身体だけに限らず、髪の毛も例外ではありません。 じつは、出産と育児のストレスによって、円形脱毛症になったり 抜け毛や薄げになったりすることは、珍しくありません。 そのまま放置しておくと、将来大変なこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康管理に見落としがちな便秘

便秘解消方法は、本人の便秘の症状によって 違ってきます。 弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘とか いろいおな便秘の症状があります。 それらの便秘に関係している症状を、きちんと把握して、 自分の便秘の症状と重ね合わせることで、 便秘解消方法がある程度は明確になると思います。 便秘はけっこう身近な症状ですの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カニで元気を出しませんか?

この前、友だちに北海道のお土産で 「カニ」をもらっちゃいました。 おすそ分けっていう感じだったので、そんなに たくさんは食べれませんでしたが、、、、 やっぱり、すごく美味しかったです。 今の時期であれだけ美味しいんだったら、 旬にはもっとおいしいんでしょうね? カニの旬って冬ですよね? 年末に忘年会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイエットが必要な方は、有酸素運動と痩せるお茶

ダイエットサプリには、そのサプリメントを摂る人の体質で、 効果が違ってきます。 運動不足の人で、ダイエットをしたい人や、運動量が大好きなのに 痩せない人、便秘気味でポッコリお腹の脂肪が気になる人な。 脂肪の吸収を3分の1にする低脂肪ダイエットというのがあります。低 脂肪ダイエットでは、一回の食事で長時間満腹感が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎臓がんの症状と診断

腎臓がんは、中年以降に多く見られるがんです。 腎臓がんを初期段階で見つけるのは難しく、半数以上が、 健康診断を受けたときや、他の病気の検査をしたときなどに、 偶然発見されています。 腎臓がんの症状としては、血尿、腎臓部のしこりと痛みの三つが 代表的なものとして知られていますが、これらの症状がすべて 現われたときに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんの三大治療法

がん治療の代表的なものとして、手術、放射線治療、 化学療法の三つがあります。 手術は、がんに冒された患部を切除するという治療法で、 がん治療の主力として知られていますが、患者の肉体的・ 精神的負担が大きいという欠点もあります。 放射線療法は、手術と違い、皮膚を切開する必要はなく、 また臓器を温存できるという長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸がんの原因と予防

大腸がんが近年急増しつつある背景には、食生活の 変化があると考えられています。 この数十年の間に、日本人の食生活は、かつての 低脂肪で食物繊維の多い“和食”から、欧米型の 高脂肪・低食物繊維の食事へとシフトしてきました。 しかし、脂肪の多い食品を摂取すると、腸内で胆汁酸や 腸内細菌の働きにより発がん物質が発生しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮がんの種類と症状についての話

子宮がんの死亡率は、年々減少傾向にあります。 これは、定期検診による早期発見の増加によるもの とされています。 とはいっても、子宮がんによる死亡率は、女性では 胃がん・肺がんに次いで第3位と、依然高い地位を 占めており、決してあなどれるものではありません。 子宮がんは、がんができる部位によって“子宮頸がん”と…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

すい臓がんの特徴についての話

すい臓がんは、難治とされるがんの一つです。原因は不明ですが、喫煙・飲酒の習慣があり、脂っこい食事を好む50~70歳代の人に多く発病する傾向があるといわれています。 すい臓は胃や十二指腸、肝臓、脾臓、胆のうといった多くの臓器や門脈と呼ばれる大きな血管に隣接しているため、転移が非常に早く起こるという特徴があります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

皮膚がんの種類と特徴についての話

皮膚がんは、大きく分けて“表皮がん”と“悪性黒色腫(メラノーマ)”の2種類があります。 表皮がんは、がんのできる位置によって“基底細胞がん”と“有棘細胞がん”に分けられますが、いずれも高齢者に多く、進行が比較的ゆっくりで、転移もしにくいことが特徴です。 一方の悪性黒色腫の方は、その名の通り悪性度が高く、転移しやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more